徒然なるままに

2020 '20,1 '20,2 '20,3 '20,4 '20,5 '20,6 '20,7 '20,8
2019 '19,1 '19,2 '19,3 '19,4 '19,5 '19,6 '19,7 '19,8 '19,9 '19,10 '19,11 '19,12
2018 '18,1 '18,2 '18,3 '18,4 '18,5 '18,6 '18,7 '18,8 '18,9 '18,10 '18,11 '18,12
2017 '17,1 '17,2 '17,3 '17,4 '17,5 '17,6 '17,7 '17,8 '17,9 '17,10 '17,11 '17,12

'20/ 8/8  出穂、カメムシ防除

 今年、当地北東北は梅雨明け宣言はしないんだと!
こう云うケースは2009年以来だとかΣ(・□・;)
で、梅雨明けしないままの立秋となってしまった。それでも今週、週明けは梅雨明けと思える気温上昇と強い日差しが効いたか出穂始め!!となった。
 ただ週末は一転、台風4号崩れの低気圧が朝鮮半島から北海道に流れてきて再度梅雨前線を押し下げ梅雨に戻ってしまった。

 6日木曜日は我が家では初めてカメムシ防除にヘリ防を依頼。
何年かぶりのと午前4時という爺にとっては超早起きをして作業を眺めたものの、2.5反分などと言う我が家規模の田んぼなどものの5分足らずであっけなく作業は終わり、ヘリはサッサと小型トラックに載せて次の作業場所に向かって行った。
 中一日を置いての梅雨の戻り雨。せっかく散布した薬剤など流れてしまってるんじゃなかろうか!?

 まぁこの季節そういう事態の想定上なのか旧盆明けにもう一度散布する。2度散布の予定にはなってるんだが・・・
 面積は少ないといえ、これを動力噴霧器などでやろうと思えば準備から散布片付けで2時間は優にかかってしまうので手軽さというか省力化はスゴイ。まそれもこれも費用がかかるわけだが!(´;ω;`)

 関係者に「短期間に一気に稼ぐんだねぇ!!」と軽口を言うと「2ヶ月で一年分稼がないと成り立たないからねぇ( ̄▽ ̄)」と確かに!!
 ただ平野部で一面耕作地が集中している場所なら、作業も効率的に捗るんだが、当地のような中山間地域では林の木々も迫り、電線などにも気を付けないと接触事故も過去には多かったという。

 今時点の値段は分からないが、当初は無人ヘリだと一機1千万と言われたようなので墜落事故など起こせば手痛いだろうなぁ。勿論保険などもあるんだろうが。  昨今はドローンがヘリの1/10位の価格で普及して来てるらしいので、当地などそれの方が向いているのかも。  

'20/ 8/1  カルガモその後、弐。今回の抱卵は失敗した様だ。

 地区の共同作業で偶然気付いたカルガモのお家。
アララ悪い事をしてしまった(´;ω;`)と後ろめたさを感じながらも、戻って来て抱卵再開を確認してホッとしたのもつかの間。
 こんなに水面の近くで大丈夫なのかな!?まぁカマキリの卵もちゃんと増水を見込んだ高さに産み付けるというし・・・程度の思いで観ていたら、今週半ばおそらく梅雨終盤のまとまった雨なんだろうが、小川のくせに結構な増水となった。

 抱卵場所は二カ所確認出来ていて、一か所は普段の小川水面から20cm位の高さ。もう一か所は3,40cmはありそうな土手の中腹。
 時間帯で10mmを超す時もある雨は二日間続き、水面に近い所は増水した濁流に飲まれたのが一目で分かるレベル。もう一か所はスレスレかな。辛うじて難を逃れたかな!?!?
 と2,3日見続けたが、どうも抱卵している様子が見えない。

 先週中干しを止めたので湛水した田んぼにはほぼ毎日一度は見回りに行くのだが、隣の休耕田にしばらく姿は見えなかったカルガモのペアが居た。
 このペアがかの抱卵カルガモではないのだろうが、気になり先週まで卵を温めていた場所に見に行った。
水面近くの抱卵場所は跡形もないが、土手の中腹場所には卵の殻が散乱。割れたり穴が開いたり。どうも穴が開いた卵には雛になりかけた様子のモノもある(@_@。

 一連の経過を近隣のワンコ散歩が日課の方と話していたら。「去年は10匹前後の雛を引き連れて泳いでいたのにねぇ・・・」と残念そうに・・・。
 一説には成鳥に成れるのは50%程度という記述がWikiにはあったが、大体の野鳥はそんなものかもしれないなぁ。と実感する。


 そもそも第2波、第3波。の定義すら分からないのだが、世間では一旦収まりかけたコロナ騒ぎが再発。
再発と言う表現も良いのか悪いのか「その中で唯一岩手県・・・」と言われた我が県土。今週後半立て続けに2件3件と陽性判定者が出てきた。
 何とか行動トレースが出来ているようで所謂、濃厚接触者への検査の網が掛かっていて3人目はそのケースとの事。

 世界的に日本での感染の広がり方はオカシイ!?みたいな評価もあった中。46都道府県中唯一と言われながら、漸くここで3件。
 今までの経過の中で色んな情報が錯そうしたり、はたまたサイト情報を漁ったりした中で、こういうパンデミック感染への医療体制の脆弱さをあらためて認識する次第。
 日本もだし、岩手も尚更。ただ国内だけ見てても様々な対応ケースがあったハズで、最後尾に付いた(!?)当県では学習・蓄積はそれなりにあった・・・(と思いたい)

 折りしも、この旧盆は去年逝った亡父の初盆。当地法事法要の中でも初盆は葬儀後一番チカラの入るイベントらしい。
そういう事を聞いていたものの、このコロナ禍を理由に既に先々月、「初盆は身内だけで行いますので・・・」と文書を回しておいた。

 お寺さんの法要も済み塔婆を頂いているので、後はお墓参りをし、通常は和尚さんを招いて宴席(ではないよね)
となるのだが、**ディスタンスを保ちながら食事会をして終わりにしようと身内で合意。
 てなことで本日は昼前に一緒に墓参りをして去年葬儀後に予約を入れていた葬祭場にて規模を縮小した初盆食事会。後日陽性者が出ない事を願いつつ。

Past.Memo


HTML版Homeに戻る